Angularアプリケーションプログラミング


Angularアプリケーションプログラミング


技術評論社


著者:山田祥寛


はじめに
本書の読み方
目次

導入編
第1章 イントロダクション
1.1 JavaScriptの歴史
1.1.1 不遇の時代を経てきたJavaScript
1.1.2 復権のきっかけはAjax、そしてHTML5の時代へ
1.1.3 JavaScriptライブラリからJavaScriptフレームワークへ
1.2 フレームワークとは?
1.2.1 フレームワークの本質
1.2.2 フレームワーク導入の利点
1.2.3 JavaScriptで利用可能なフレームワーク
1.3 Angularの特徴
1.3.1 Angularのバージョン

第2章 Angularの基本
2.1 Angularを利用するための準備
2.1.1 Angularアプリの基本構造
2.2 サンプルアプリの内容を確認する
2.2.1 Angularアプリの構成部品を束ねる ― モジュール
2.2.2 ページを構成するUI部品を定義する ― コンポーネント
2.2.3 Angularアプリを起動するためのスタートアップコード ― main.ts
2.2.4 メインページの準備 ― index.html
2.3 基本ライブラリの挙動を宣言する ― 設定ファイル
2.3.1 アプリで利用するライブラリ情報を管理する ― package.json
2.3.2 TypeScript コンパイラーの挙動を設定する ― tsconfig.json
2.3.3 SystemJS の挙動を宣言する ― systemjs.config.js.
2.4 学習を進める前に
2.4.1 サンプルファイルの入手
2.4.2 サンプルアプリの利用方法

第3章 データバインディング
3.1 データバインディングの基本
3.1.1 4種類のバインディング構文
3.2 Interpolation(補間)構文
3.2.1 Interpolationの基本ルール
3.2.2 {{…}}式の注意点
3.2.3 安全にプロパティ/メソッドにアクセスする ―「?.」演算子
3.3 プロパティバインディング
3.3.1 補足:プロパティバインディングの別構文
3.3.2 要素にHTML文字列をバインドする
3.3.3 補足:

書籍目次

Posted by shi-n